とある士業者のブログ

とある士業者の日々を綴ります

相続のこと2

ここで相続人について述べます。

 

誰が相続人かという話とどれだけ相続分があるかという話の二段階で考えます。

誰か相続人かという話ですが、まず、配偶者は常に相続人になります。

次に、子供や孫といった直系卑属がいるかを見ます。いればその人が相続人です(第1パターン)。

直系卑属がいない場合、両親や祖父母といった直系尊属がいるかを見ます。いればその人が相続人です(第2パターン)。

 

直系卑属直系尊属もいない場合、兄弟姉妹やその直系卑属がいるかを見ます。いればその人が相続人です(第3パターン)。兄弟姉妹やその直系卑属が相続人となるのは、直系卑属直系尊属がいない場合だけです。

 

それでは、どれだけ相続するか、いわゆる相続分の話です。

第1パターンでは、配偶者が半分、直系卑属が半分です。子供が複数いる場合には直系卑属に割り当てられる半分の相続分を子供の頭数で均等に割っていきます。

子供の中に亡くなった方がいる場合、その子供にさらに子供(被相続人からみて孫)がいれば、頭数に含めます。その子供にさらに子供(被相続人からみて孫)がいなければ、その子供は頭数には含めません。その子供に配偶者がいても、その配偶者は被相続人にとって直系卑属ではないので相続人とはなりません。

また、生きている子供に孫がいても、その孫は相続人とはなりません。

 

第2パターンでは、配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1です。直系尊属が複数いる場合の考え方は直系卑属の場合と同じです。例えば、両親が生きていれば3分の1を均等に頭数でわけますから、その半分の6分の1ずつとなります。配偶者が3分の2、父が6分の1、母が6分の1です。また、例えば、父はなくなっていて母が生きている場合は父は頭数に含めないので母が3分の1を相続します。両親ともに亡くなっていて祖父母が生きている場合は3分の1を生きている祖父母の頭数で割ります。

 

第3パターンでは、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1です。兄弟姉妹が複数いる場合の考え方はこれまでと同じです。