とある士業者のブログ

とある士業者の日々を綴ります

閑話休題

どの士業でもそうでしょうが、業務の範囲が多岐にわたり、いつ依頼が来るかんからないため、書ける時に一気に書いていかないと日常に流されてしまいます。

 

また、一日をとってみても、午前中に刑事裁判をしていたかと思えば、午後から離婚、相続など家事案件の打ち合わせをして、夕方からは会社の合併、ファイナンス、資産流動化の案件の打ち合わせをして、合間で企業からの相談に回答し、夜は裁判の書面を書いているといったことがあったります(もはや何の士業かわかってしまいますが。苦笑)

 

頭の中は、同時に10件以上の案件の対応を巡らせていたりして、どこかで頭の整理をしないと上手く仕事を回せない状態で一年中すごしています。毎年、正月から振り返ってみて、いつも季節感がありません。今年は私の感覚だと今は春じゃないの、正月からまだ3ヶ月位な感覚だよ、という感じです。

 

このブログを始めたのも頭の整理のためです。あれやこれやの案件の考え方を順次あげていくと全くまとまりがないので、そんなことはしませんが、本当はそうしたいなぁという気持ちです。

 

ちなみに、今日は、朝一が相続、次に著作権、その後は別の相続で、次が会社訴訟、その後売掛金回収をやって、登記をやってから、さらに別の相続で、次が別の会社訴訟、別の売掛金回収の対応をしてから、最後に損害賠償請求訴訟の書面を書いていました。